1. HOME
  2. ブログ
  3. 和 すなわち日本の心

和 すなわち日本の心

人が心と心を通わせることを自国の呼び名である「和」と表現する私たち日本人は、その美しさや機能や意味が調和を以て融合することもまた「和」と呼びます。「和」とは、人にあっては、穏やかで仲良きこと。ものにあっては、その調和の形が過不足なく宜しきこと。そして自然の事象風景にあっては、のどかでたおやかであること。人の社会にあっては、平らぎ、温か。

万物すべての混合と融合こそ、最も尊いとする日本人の自然観や価値観は、暮らしや風景を彩るささやかなものたちにも、トータリティとしての「和」の意味づけを行います。

茶室の床に飾る花。
蕾みをいけて花が開き茶事の最中に散ってゆく姿は、生きた人間の心と心を混ぜ合わせ融合する手段として扱われます。さらに、室内という人工の空間と世界に外界のイメージを取り込み、自然と人、ものを調和させる最小限のメディアでもあります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。