1. HOME
  2. ブログ
  3. 重ね思想から成る日本の食文化

重ね思想から成る日本の食文化

平安時代に完成したといわれる”重ねの文化”は、和風文化の原点として今もなお、私たちの暮らしの中に息づいています。和服に見る色と色との重なりはもとより、『室礼(しつらえ)』といわれる調度品の配置の仕方、食器や茶碗の類にまで”重ね”の思想が尊ばれ、活用されます。

いわゆる『とりあわせの美や妙』は、自然をテーマにしながらも、そのテーマにそれぞれの持つ意味やイメージが美しく重なりあって、その重なりの微妙な違いを楽しむという高度な美意識に支えられているのです。この重ねの思想は、日本の建造物などにみる引き戸やびょうぶ、食器や調度品のお重や入れ子、衣類の襲色目(しゅうのいろめ)、というように様々な形で日本の生活文化となって現代に伝わっています。

懐石料理は、素材と素材の微妙な重なりのハーモニーを楽しみ、向付に始まって。『お湯』と呼ばれる茶漬けにいたるまで見事に計算された味の重なりの妙を堪能できます。その上に食器や香り、部屋のしつらえまでをもひとつのテーマに重なり合わせて、人と人(主と客)が心を重ねる演出をするのです。この”重ねの思想”は京の庶民が毎日食べるおかず=おばんざいの中にもしっかりと残っています。そして、このおばんざいも『お数』として、数を重ねて食することに意味を見出していたのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。